包茎手術費用っていくら必要?料金の目安

包茎手術を検討する上で、気になることの一つに「手術費用がいくらぐらい必要か」というのがあると思います。

「実績豊富なクリニックで、出来るだけ安い料金で包茎手術受けたい」のは誰だってそう。

私もかなり前に包茎手術(真性包茎)しましたが、「手術料金」がリーズナブルで、かつ「実績」と「知名度」が豊富な包茎クリニックを厳選して絞り込みました。

「結構高額なのでは?」というのが、包茎手術に対する一般的なイメージかもしれませんが、実際はそこまで高くはありません。

包茎手術の料金については、「仮性包茎手術」の場合と「真性包茎手術やカントン包茎手術」の場合とで結構な違いがあるので、それぞれのケースで手術費用の目安やコスパの良いクリニックを提示してみたいと思います。

仮性包茎手術の料金目安

まずは仮性包茎の手術費用についてみていきたいと思います。

実は仮性包茎の手術に対応できる医療機関は限られます。

というのも仮性包茎手術は健康保険の対象外なので、「包茎手術は保険診療のみ」としている泌尿器科では仮性包茎手術を受けることが出来ません。

そのため、仮性包茎手術を受けられるのは「包茎クリニック」と「美容クリニック」にほぼ限定されます。

「3割負担じゃなく全額負担なのであれば、手術費用もバカ高いのでは?」と心配する人もいるかもしれませんが、心配ご無用!

仮性包茎手術を安く行っている仮性包茎クリニックはちゃんと存在しています。

安いクリニックだと3万円で手術可能

ABCクリニックの特長
「包茎施術実績が豊富で、かつ手術費用も出来るだけ安いクリニックがいい」

ということであれば、「ABC美容外科クリニック(ABCクリニック)」が最もおすすめです。

CSカットという手術なのですが、何とたった3万円(キャンペーン適用後の料金)で包茎手術を受けることができます。

包茎治療院を見渡せど、通常の仮性包茎手術を3万円からしてもらえるというのは、ABCクリニック以外に見当たらず、まさに破格という料金設定といっていいでしょう。

「通常の仮性包茎手術」と前置きしたのは、一部の包茎クリニックでは「仮性包茎の矯正治療」なるものを治療ラインナップに用意しているところもあって、この矯正治療であれば3~5万円ぐらいで受けることができます。

※仮性包茎の矯正治療については後述しますが、対象者がかなり絞られるうえに、内容的に包茎を根本的に治すものではないため、あまりおすすめできません。

そうではなく一般的な「余分包皮切除型の仮性包茎手術の料金」としては、ABCクリニックが他を圧倒して安いという結論になります。

ABCクリニックの仮性包茎手術料金表

ABCクリニックには、上記のCSカット以外にも下記のような仮性包茎手術メニューが用意されています。

術式 対象 通常料金 割引後 管理人メモ
CSカット 環状切開術 仮性包茎 50,000円 30,000円 クランプでの切開施術
Sカット 環状切開術 仮性包茎 100,000円 70,000円 メスでの切開施術

CSカットとSカットはどっち

ABC式CSカットの手術料金はなんと30,000円で、切るタイプの包茎手術としては、私が知っている限り包茎クリニック界隈でダントツの最安料金となります。

ちなみに、メスでの切除施術(ABC式Sカット)だと70,000円となります。

真性包茎手術、カントン包茎手術だと、それぞれ税別105,000円となり、どちらもメスでの切除施術になりますが、上野クリニックが72,000円なので、真性包茎手術、カントン包茎手術であれば、上野クリニックで手術するのがおすすめです。

真性包茎・カントン包茎手術の料金目安

次に真性包茎とカントン包茎の手術費用についてみていきましょう。

実は真性とカントンの包茎手術の料金は、「泌尿器科」と「包茎クリニック」のどちらで受けるかによって、出費が変わってきます。

泌尿器科での包茎手術に要注意!

包茎手術専門のクリニックでなくても、総合病院の泌尿器科で包茎手術をうけることは出来ます。

泌尿器科では「真性包茎」と「カントン包茎」のみの治療が対象となり、包茎手術に健康保険の適用が認められるため、3割負担で手術を受けることができます。

※仮性包茎の手術には健康保険の適用は一切認められていません。

保険適用後だと、包茎手術費用と薬代を全て含めて、2~3万円程度の出費に抑えられるため、料金的なコストメリットはあります。

ただし、泌尿器科での包茎手術は「包茎を治す」ことのみに主眼が置かれているため、手術後の見た目、いわゆる「包皮の切り過ぎ」だとか「縫合ラインの自然さ」などには一切の配慮がありません。

そもそも、包茎手術専門の病院ではありませんし、包茎が治れば、その他は高望みしないという人であれば、保険証をもって泌尿器科で包茎手術を受けると良いと思います。

ただ私だったら、包茎手術なんて一生に一度の手術ですし、大事なペニスに関わる手術なので、多少高くても包茎手術専門のクリニックに手術してもらいますけどね。

切らない包茎手術に期待してはダメ!

次に「切らない包茎手術」について書いてみます。

一部の包茎クリニックで、この「切らない包茎手術」のサービスが行われていますが、注意事項を見る限り「一部の仮性包茎の患者が対象」となっています。

はじめに言っておきますが、包茎手術と言ったら、基本的に「切る」手術だということを覚えておいてください。

包茎手術は「切る」手術です。

大事なことなので2回言いました!

包茎手術とは、一言で言うと「余っている包皮を適切な長さに切除して亀頭を露茎させる手術」なので、余った皮は切るしかないのです。

にもかかわらず、包茎手術のラインナップに「切らない手術」なるものがあるのは何故なのか。

仮性包茎の中でも、「皮の余具合」「剥け具合」「亀頭の先細り度(ドリルチンコ具合)」は個体差があり、カテゴライズするのであれば「重度の仮性包茎」「通常の仮性包茎」「軽度の仮性包茎」と分類できます。

そして、この「切らない包茎手術」が適用可能なのは、「軽度の仮性包茎」のみ。